<トップページに戻る

査定依頼する前に、各社の評判を徹底チェック!

買取会社VS販売店下取り

販売店での下取りのメリット&デメリット

手持ちのバイクを売るだけでなく、それと同時に新しいバイクに買い換える場合、バイク買取業者を使うのではなく、新しいバイクを買う販売店でそのまま下取りに出してしまうという方法もあります。

販売店は、買取業者と比べてどのような違いがあるのでしょうか?販売店での下取りのメリットとデメリットを上げてみます。

メリットは、古いバイクに乗ってお店に行き、新しいバイクに乗って帰ってくることができ、手間がかからないということ。また、販売店によっては、新しいバイクの値段交渉に利用することができます。

デメリットは、なんといっても買取専門店に比べて下取り価格が安くなってしまう場合もあること。販売店では独自の輸送ルートや販売ルートがないことが多く、売却には他の業者を挟まなければいけません。そのため、下取り価格が安くなってしまうのです。

また、下取りでは、年式が古いと値段がつかない場合があります。買取業者なら故障していたり古かったりしても値段を出してくれることもあるので、要注意です。
どちらにしろ、まず買取業者で査定をしてもらい、その結果を踏まえて販売店で下取り価格の交渉をしてみるのがいいのではないでしょうか。

ただし、下取りの場合は、買い取り金額をあまり高くしなくても、新しいバイクの価格をその分以上に下げてもらよう交渉できることが多いので、結果的にかなり特になる場合もありますね。

個人売買のキケンとモンダイ

買取業者が運営する販売店にも注目!

多くのバイク買取業者では、中古車販売店を運営していたり、提携していたりします。中には中古車だけでなく、新車を扱っている販売店もあります。

そうした、バイク買取業者が運営する中古販売店は、他の業者やバイクオークションなどを経由しない直販システムを採用しているため、中間マージンが発生せず、安く新しいバイクを購入することができます。買取った中古バイクを修理して再販するので、在庫に限りがありますが、もし気に入ったバイクに出会えれば、かなりお得な買い物ができるかもしれません。

また、もし在庫に気に入ったバイクがなくても、車種を指定すれば探してくれる可能性もあります。
もし乗り換えを考えているのなら、買取業者にバイクを売る際に、新しいバイクの購入についてもチェックしておくといいでしょう。

買取会社の得意分野を知る

 
どこに売る?色々な買取会社を比較