<トップページに戻る

査定依頼する前に、各社の評判を徹底チェック!

しっかりメンテナンス

バイク査定前に洗車は必要?

少しでも高く売りたいバイク。キレイに洗車しておいた方が、バイク買取の際の査定も高くなりそうな気もするのですが、実際のところどうなのでしょうか。

実は、この査定前の洗車、バイク買取業者によって異なります。汚れは査定には影響しないというバイク買取業者もあれば、洗車を勧めているバイク買取業者もあります。査定士はプロなので、汚れに隠された傷を見落とすことも、汚れと傷を間違えることもありません。

ただ、バイク買取関連の口コミによると、「手でこすれば消える汚れなのに、傷だと言われて査定が下がった」という声もあります。

また、いくら査定に影響がないといっても、泥だらけのバイクよりきちんと洗車されているバイクの方が、印象がいいことも確か。可能であれば、査定前に洗車はしておきましょう。

キズはそのままで

査定前の洗車より普段の手入れ

査定前には洗車を、とはいっても、洗車に慣れている人の話。普段から洗車などしていない人が査定前に慌てて洗車して、新しい傷を作っては元も子もありません。洗車に自信がないなら、「査定前の洗車はなくてOK」と謳っているバイク買取業者を選びましょう。

また、査定前の洗車よりもよほど重要なのが、日頃からのお手入れです。定期的に洗車やワックスがけなどを行ってれば防げたはずの汚れやサビの方が、よほど査定に響きます。普段から、雑巾などでふき取る程度でも、手入れをしておくことが大切です。

しっかりメンテナンス

査定前の洗車の注意事項

拭けばとれる汚れは、雑巾などで丁寧に拭き取りましょう。ホイールやブレーキ部分などの見えにくいところも、できる限りきれいに洗います。

また、サビは査定の減点対象になります。スチールウールやサビ取り剤などでとっておきます。また、小さな傷は、目の細かいコンパウンド(研磨剤)で磨いて消しておくといいでしょう。さらに、洗剤が残っていると塗装がはげてしまうこともあります。しっかりと水で流して乾かしておきましょう。

ちなみに、ステッカーなどを貼っている場合は、なるべく剥がした方がいいですが、無理にはがしてキズを作ってしまうくらいなら、そのままにしておいた方が無難です。

バイクを売る前の心得

 
どこに売る?色々な買取会社を比較